早く君に会いたいから

治療を始める

コーヒーとパソコン

子供が欲しいと思っていてもなかなか妊娠しないときに不妊を初めて疑います。生理が正常に来ている人でも無排卵の可能性もありますので、実際に妊娠するまでは自分が不妊症なのかを確かめることは出来ません。しかし子供が出来るかどうか試しに作ってみるということも無理ですので、子供が欲しいと思った時にはある程度年齢を重ねてしまっているということもあります。実は年齢こそが不妊と関係あるのです。不妊治療は大体30代後半から進められることが多いのです。それは35歳を境に一気に卵子が劣化すると言われているのです。いざ子供を作ろうと思ったら不妊になってしまっていたという方も実は少なくありません。年齢が妊娠力に大きくかかわってくるのです。

不妊治療は高額なイメージがありますが、実は不妊治療の種類によっては金銭面での負担が少ない治療もあるのです。実際には人工授精までなら費用はそこまでかからないと言われています。とは言っても長期で治療するとなればそれなりの治療費が掛かることは覚悟しておいた方が良いでしょう。不妊治療は夫婦二人三脚で行うものです。夫婦が協力しあわなければ乗り越えることが出来ないと言っても過言ではありません。心身ともに負担がどんどん大きくなるのも不妊治療の特徴でもあります。原因不明の不妊でストレスが溜まり結果的に不妊治療を辞めたら妊娠したという例もあるくらい、精神面での負担も大きいと言われています。ストレスを出来るだけ少なくして余裕のある生活を心がけることも妊娠力を高めるのは大切でしょう。